ラヴィ英語教室について

ホンモノの英語を身につける

きちんとした英語が使える、そんな子供に…
気がつけば、無意識に英語で考え、英語で答える。
正確に意思疎通できる英語を。

ネイティブによるレッスンで正しい発音が身につく

 
耳で聞いたものを体で素直に覚える子どもたちは、特にネイティブのリアルな発音が大切です。
レッスンを担当する講師は、 T.P.R. (Total Physical Response) を熟知し、トレーニングを十分に受けた、ラヴィ専属の外国人講師。お子様は、正しい英語のリズム、イントネーションをどんどん吸収して身につけることができます。
レッスン形式は、対話を重視しています。講師が英語で話しかけ、子どもたちが英語で答える。子どもたちが英語で質問して、講師が英語で答える…
お父さん、お母さんが子どもに言葉を教えるように、対話形式でのレッスンで、子どもたちは無理なく、ステップアップしながら楽しく自然に英語を吸収していきます。


レッスン内容

 

よくあるご質問

幼児クラスは遊びのイメージが多いですが…

遊びは、幼児にとって生活そのものであり、ことばを学び取る絶好の機会です。
人間の学習能力は、10歳くらいまでは、環境や生活の中から学び取る力の方が、文法などを系統立てて学ぶ力より優れています。
こうした幼児の特性を最大限に生かした授業がキッズクラスのレッスンです。
もっと早く英語を話せるようにならないかと気をもまれる方がいらっしゃいますが、あせりは不要です。充分な“リスニング=聞くこと”なしに、そして遊び感覚なしには、自然に話せるようになりません。
遊びを通したレッスンの中で、たくさんの英語にふれることで英語のリズム感や英語の基礎能力(リスニング能力)が驚くほど培われています。
 

集中力が続かなくても大丈夫でしょうか?

レッスンは1回50分。子供に大切なのは、レッスンサイクルが同じように繰り返されることによって、子供自身が自然とレッスンの流れが想像できること。
年齢を配慮した興味ある身近な題材や楽しいアクティビティは、理解を促しながら集中力を持続します。子供はレッスンを楽しく過ごしながら退屈することなく一生懸命レッスンに集中することができます。
 

外国人講師はどのような人ですか?

外国人講師は、全員、英語がネイティブ ランゲージです。さらに2ヶ国語以上を使うことが出来ます。
母国にて幼児期より T.P.R.(Total Physical Response)教育を受けており、多言語を取得する方法、重要性と実用性を充分理解しています。
 

私はまったく英語を話せませんが、大丈夫でしょうか?

まったく問題ありません。ご自宅で保護者の方が正しい英語で語りかけるということよりも、子供が習ってきたことをおさらいする意味で、クラスで何を習ったのか聞いてあげてください。毎月発行される報告書には、当該月と次月のレッスン内容(ボキャブラリー、キーセンテンス、ソング)が、記載されています。レッスンの復習等にお役立てください。
一番よい復習法は、英語を話したときにたくさんほめてあげることです。
間違っていてもかまいません。子供はその喜びからさらなる学習意欲へとつながり、英語はもちろんのこと「知る」よろこびを体得していきます。